技能実習生3名が「介護技能実習評価試験」に合格しました。

HOME >  新着情報 > 技能実習生3名が「介護技能実習評価試験」に合格しました。

2024/05/23

技能実習生3名が「介護技能実習評価試験」に合格しました。

桜十字福岡病院では、昨年10月より技能実習生の受け入れを行っており、現在3名の外国人技能実習生が介護職員として活躍しています。
今回実施された「介護技能実習評価試験【初級】(一般社団法人シルバーサービス振興会)」では、受験者全員が合格し、合格証書が授与されました。

介護技能実習評価試験は、介護技能等の修得等の程度を測るために実施されるもので、日本語での学科試験と技能試験が行われます。
3名は病棟各階へそれぞれ配属された後、桜十字の教育プログラムを活用しながら、先輩の指導のもと介護技術を学んできました。

合格発表の際には、嬉しさのあまり号泣し、リーダーの介護福祉士と抱き合う場面も。

角野看護部長は「本当に合格おめでとうございます。みんながこれまで頑張ってきた結果です!これに満足せず、これからもたくさんの技術を学んでください!先輩のみなさんはこれからもサポートよろしくお願いします」とコメント。

合格者の一人、ミャンマー出身のチョーさんは「凄く、凄く嬉しいです!これからも勉強がんばります。」と、今後の意気込みを語ってくれました。

介護職種で技能実習を行うには、技能実習生の日本語能力が一定水準以上であることも必要不可欠となります。今回の合格は、介護技術に加えて言語の習得という、並々ならぬ努力の賜物だと思います。みなさま、本当に合格おめでとうございます!

桜十字福岡病院では、患者さまや入居者さまに安心した入院生活を送っていただけるように、介護職の質の向上を目的として、資格取得支援制度や教育プログラムの充実を図っています。
詳しくは「スタッフ教育」のページをご覧ください。

     

新着情報

Information