訪問リハビリテーション

HOME > 訪問リハビリテーション

利用者さまの「生きる」を
支えるための
リハビリテーションを提供します。

古川センター長責任者 古川 郁美

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士がご自宅に訪問し、実生活に活かせる具体的な練習を行います。利用者さまが生きがいや社会とのつながりを保ちながら、安全かつ安心に生活できるように支援します。

桜十字訪問リハビリの特徴

充実のスタッフ体制

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のすべてのリハビリスタッフを専従で配置しています。
理学療法士 9名
作業療法士 3名
言語聴覚士 2名
※2021年12月現在

充実のスタッフ体制
広範囲・祝日も稼働

スタッフの移動手段は自転車やバイク、車などで広範囲の訪問エリアに対応しています。
また、祝日も稼働しています。

広範囲な移動
社会参加支援の促進

利用者さまがより充実した生活を送れるように自宅内だけではなく、屋外での練習も行い、社会参加や就労に向けた支援を積極的に進めています。

社会参加支援

訪問リハビリ導入3つのパターン

1.脳卒中・骨折等で退院直後の自宅での生活に不安がある方
→入浴やベッドからの起き上がり、居室からトイレまでの導線を確認しながらの歩行練習など実生活に合わせたリハビリを集中的に行います。福祉用具の選定や住宅改修の提案も行います。

2.筋力や活動量の低下、外出頻度が減ってきている方(閉じこもり傾向)、通所サービス等が苦手な方、認知症などで自宅での生活の継続に不安がある方
→住み慣れた自宅での生活を続けられるように、筋力アップなど必要な訓練をします。家族に対し、介助方法のアドバイスなども行います。

3.難病や終末期で通院困難な方
→変化していく症状に応じて環境調整や介助方法の指導等を行い、利用者さまが少しでも安楽で安心して、望む生活が続けられるように支援します。

サービス内容

理学療法士・作業療法士による
主な支援内容
・起居動作練習・介助方法の指導・日常生活動作の練習・歩行練習・福祉用具の選定・家事動作・外出支援・住宅改修の提案・趣味活動
言語聴覚士による主な支援内容 ・飲み込みなど嚥下状態の評価と訓練・コミュニケーション支援

※サービスを提供する際は、かかりつけ医からの診療情報をもとに当院医師が診察を行い、
訪問リハビリを安全かつ効果的に実施できるようリハビリ内容を検討します。
介護保険の方は3カ月に1回、医療保険の方は1カ月に1回、当院医師による診察を行います。

利用料金

介護保険を利用される方(介護認定を受けている方)
サービス提供時間 負担1割の場合
40分 616円
60分 924円
医療保険を利用される方(介護認定を受けていない方)
サービス提供時間 負担1割の場合
40分 600円
60分 900円

※入院中の医師からの指示で退院直後に集中的にリハビリテーションを実施する場合の上限は週240分まで利用可能です。その他の場合の上限は週120分までとなります。
※その他、加算サービス料金が発生します。その他の加算についてはご相談ください。

サービス提供エリア

中央区・博多区:全域
東区・南区・城南区・早良区:一部
移動時間が桜十字福岡病院より30分以内の範囲

サービス提供エリア

※エリア外の方でも訪問可能な場合もありますのでご相談ください。

営業時間

営業時間:月曜日~土曜日 8:30~17:30
休日:日曜日・年末年始
※祝日も実施しております。また、ご本人の要望や主治医の指示により営業時間外の訪問にも応じます。

お申し込み・お問い合わせ
〒810-0004
福岡市中央区渡辺通三丁目5-11 
桜十字福岡病院内
桜十字福岡病院 
訪問リハビリテーション
<事務所番号:4011022235>
TEL:092-791-1180
FAX:092-791-1185